*

借金と向き合ってみました

月刊誌の折込チラシ、スポーツ紙、電柱に見られる宣伝やDMなどで、「多重債務の片付けします」「債務を集約したいですよね」などの宣伝を読むことがありますよね。

そういったものは、「整頓業者」「買取専門屋」「紹介屋」という俗称の業者の詐欺広告のときも存在します。

頼んだときには自己破産フローの中で免責決定を得られない可能性もありえます。

「整理屋」では、チラシなどで多重負債者を引きつけ、法外な手数料を受け取って負債整頓をしますけれど結局のところ整頓はなされず、依頼者はさらなる借金スパイラルに陥るケースがほぼすべてと考えてください。

「買取専門屋」とは、借金者のローンで、デジタル用品、券を多量に仕入れさせ、負債人から商品を販売額の2割ー半額で購入するというやり方をとっています。

依頼者は一時的には金銭が手に入りますが必ずカード企業から品物の販売額の催促が送られてきて、結局は債務を増大させる結末になります。

このケースだとクレジット会社に対する詐欺行為とされてしまい免責判定をもらえなくなります。

「つなぎ業者」では著名な貸金から拒絶されるようになった借金人に関して直接の資金提供は全然せずに、提供を可能である関係無い企業を紹介して、依頼料を要求する企業です。

紹介人は専門的な手続きで資金提供可能になったかのように話しますが何もしていなくてただルールの甘めの企業を知っているだけというやり口です。

この場合も現実には負債額を増やす結末となります。


コメントする