*

美容

腹八分目の本当の効果とは?

腹八分目という言葉がありますね。満腹食べると良くないというのはなんとなく理解していますが、腹八分目にして何か効果があるのでしょうか?
何度おどろくべきことに、腹八分目の食事にはアンチエイジングの効果があるんです!これは見逃せません。
食べ物を食べ過ぎると体内のホルモンバランスが乱れます。女性ホルモンの分泌量が減ってしまうんです。これは老化にダイレクトに関係してきます。
腹八分目はつまりカロリー制限のことですが、カロリー制限をすることによって体内の「長寿遺伝子」が活用され、寿命が伸びるという研究結果も出ています。
猿で行われた実験によると、カロリー制限を行うとシワができにくくなり、健康な体を維持できたんだそうです。
腹八分目にはもちろんダイエット効果もあります。過度な食事制限とは違い、きちんと栄養補給できているので不健康になることはありません。
食費を減らすこともできますし、メリットだらけですね。皆さんも試してみてはいかがですか?
キレイになりたいならココもおすすめ。



暮らしに役立つ情報~life information

日差しが強くなってくると、髪の痛みが気になります。今回は、ヘアケアのささやかなアドバイスを紹介したいと思います。 シャンプーで髪を清潔にすることは大切ですが、洗い方を間違うと、髪へのダメージの原因となります。髪に優しい洗い方を心がけます。部分的な洗い残しは、地肌のトラブルになるので、シャンプーを全体にひろげ、くまなく洗うようにします。 シャンプーをつける前に、ブラシや手ぐしで髪のもつれをとっておきます。髪がもつれたまま、シャンプーすると、無理な力が入り、髪への負担が大きくなります。 髪を痛めず、全体を洗うには、予洗いが大切です。髪と地肌を充分に濡らします。よく濡らしておくと、シャンプーの泡立ちがよくなります。 シャンプーを手にとり、軽く泡立てて、地肌の何カ所かに塗ります。指の腹で、マッサージするように洗います。特に、耳の後ろや、襟足の部分は、洗い残しが多いので、丁寧に洗いましょう。爪を伸ばしていて、地肌が十分に洗えないときは、地肌用洗浄ブラシがおすすめです。地肌部分の皮脂汚れを、しっかり落とせます。 シャンプーが残らないように、しっかりとすすぎます。手で泡を先にとっておくと、すすぐときの手間が省けます。 コンディショナーかトリートメントを、適量手に取り、髪全体になじませます。なじませた後、時間をおくと、効果が増します。その後、十分にすすぎます。 タオルで髪を、ポンポンと叩くように、水分をとっていきます。ごしごしと強く力を入れて、髪を乾かすと、髪を痛めます。髪同士をこすりあわせると、摩擦で痛みやすくなるので避けてください。 ドライヤーで髪を乾かすときは、必要以上に熱をかけすぎないのがコツです。10センチ以上離してあてると、髪を痛める心配はありません。風量の多いドライヤーで、水分を蒸発させ、吹き飛ばすように使います。髪がさらっとするタイミングでやめ、熱をかけすぎないようにします。 ヘアケアの際、今回、紹介させていただいたアドバイスを参考にしていただければ幸いです。 二俣川の駅ビルにある美容室、美容院


脱毛サロン選びで失敗しないコツはあるのか

特に就寝前の歯のケアは大切。蓄積されたくすみを除去するため、寝る前はきちんと歯みがきをしましょう。ただし、歯みがきは何回も行えば良いというものではなく、1回1回の質を上げることが肝心です。
女性誌や美容の書籍には、小顔になって肌が美しくなり、痩身効果があり、デトックス作用、免疫力アップなど、リンパ液を流してしまえば全部大成功!という嬉しくなるような謳い文句が軒を連ねている。
ここ数年で一気に市民権を得たデトックスとは、人間の体内に溜まってしまっている様々な毒素を除去するという新しい概念の健康法で美容術というよりも代替医療に分けられる。「取り除く」という意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」の短縮形であり、発音やカタカナ表記が異なるようだ。
健康食品などで知られるヒアルロン酸はヒトの細胞間に多数存在し、水分を蓄えたり衝撃を和らげる緩衝材の作用で大切な細胞をガードしていますが、加齢とともに体内のヒアルロン酸は年々減っていくのです。
歯をきれいに維持するために、歯の裏側まで念入りに磨くことが大事。キメ細やかな泡立ちの歯ミガキ粉と毛先が柔らかめのブラシを用いて、心を込めてケアをしましょう。
ピーリングというものは、老化してしまった角質を専用化粧品などでピール(peel:皮を剥くの意味)し続けて、まだ若いキメの整った皮膚(角質層)に入れ替えて、新陳代謝を正常化する人気の美容法なのです。
押すと返す皮膚の弾力感。これを操っているのは、かの有名なコラーゲン、すなわち蛋白質です。スプリング役のコラーゲンが正常に肌を下支えしていれば、お肌はたるみとは無縁というわけです。
健康な体に生じるむくみだが、これは当然のこと。


毎日の積み重ね

 

お肌は急には変われません。
少しずつ丁寧にお手入れすることにより美肌に近づいていくのです。サボりたい気持ちもわかりますが、積み重ねが大事なのです。

sen.jpg
参照:http://bi-plus.net/wp-content/uploads/2013/04/sen.jpg


いくら必死になってケアをしても
1日でツルツルの肌にはなりません。
しかし肌の状態が良くないときは控え目にしましょう。かえって肌の負担を増やしてしまいます。
あまりにも状態が悪い時は自分で何とかしようとせず、皮膚科に行くことをお勧めします。
自己診断による治療はますます被害を拡大してしまうことがほとんどだからです。

CAC化粧品