*

趣味

登山講座~to the summit

気持ちのいい日差しが届き、暖かい季節になってきました。アウトドアに出かけるちょうどいい気候が続いています。今回は、登山のちょっとした知識を紹介したいと思います。 山の歩き方は、普段、平地で歩いている方法と違いがあります。登山は、継続して歩くことが重要です。足に負担のかからない歩方を心がけてください。歩幅は、平地を歩くときよりも、小さく移動します。重心が前にいかないようにすれば、足への負担が和らぎます。急な斜面では、より歩幅を小さくし、膝の折り曲げる角度を狭め、スムーズに歩きます。 足は、先端やかかとからではなく、足全体を着地するようにします。地面から大きな音が出ないように、ゆったりと体重を移動します。足音が大きい歩き方は、靴擦れや、膝の痛みの原因になるので、気をつけてください。 長時間の歩行は、後半に疲れないように、ペースを保つのが重要です。歩きはじめから、速い速度で歩くと、体力を消耗します。徐々にペースをあげていき、目的地にたどり着けるように、計画的に歩きます。登るスピードは、人それぞれなので、自分の体調を確認しながら、自分にあった速度で登ります。 疲れている時に、休憩できる場所がある場合は、充分に休息します。長い時間、休むと、かえって体調のバランスを崩してしまうことがあります。調子のいいときは、簡単な休憩をして、先へ進みます。 水分補給は、こまめにとりましょう。ペットボトルに小分けにしておくと、手軽に水分補給でき、便利です。水分をとらず、登山を続けると、脱水状態になり、危険です。 胃の負担が少なく、素早くエネルギーへ転換される食べ物が必要な場合は、チョコレートやバナナ、オレンジジュースが最適です。歩行中に食べられる、ゼリー飲料もおすすめです。 普段の生活では、味わえない体験をしに、アウトドアに出かけてみてはいかかでしょうか。自然と触れ合いは、気分転換に最適です。この度、紹介させていただいた情報を、参考にしていただければ幸いです。上大岡・久里浜の美容室髪風船